アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
大久保康雄〜風の記憶
ブログ紹介
私にとって「風」とは人であり、場所(空間)であり、出来事でもあり、
外側から自分のこころを揺さぶり、動かすものすべての詩的表現です。

これはそれらの記録でもあり、記憶でもあります。
また、私がそれらのものから受けた印象や思いを記した雑記帳のようなものです。

お時間がありましたら、どうぞごゆっくり私のひとりごとにおつきあいください。

zoom RSS

想いは伝えよう

2018/08/06 21:20
期待通りの興味深い回でした。やはり自分の想いを形にするのには、口に出して誰彼構わず伝えないといけませんね。そうすると奇跡が起きるものです。今日のジネンカフェのゲスト・永楽堂(喫茶店専用のパンを卸している会社)の社員の高野仁美さん。高野さんとは三年前にミッツコーヒースタンドのオーナー、阿部充朗さんがゲストにお越しになられた時に参加者として知りあい、ゆるく繋がっていたのですが、会社内でカフェを立ち上げたという情報を聞き及び、これは場づくりの話なのできっと面白いだろうと思い、お声をかけさせていただいたわけです。うちあわせの時に知ったことですが、共通の知りあいも三、四人いて、世の中は広いけれど場づくりの世界は狭いものだとつくづく思ったものでした。パン屋さんから見た喫茶店やモーニングの考察も楽しかった。詳しくはまたまとめて「ジネンカフェだより」にUPしますので、しばらくお待ち下さい。

画像


今日のくれよんさんのデザートセット、抹茶のレアチーズケーキ。職員さんの手作りです。
画像



今日の購入本。門井慶喜さんの『銀河鉄道の父』。木下昌輝さんの『絵金、闇を塗る』。片や宮澤賢治と父親との愛憎劇を描いた作品。片や江戸時代の土佐に現れた絵師・絵金の生涯を追った作品。どちらも読み応えありそう。絵金といえば、延藤先生の幻燈会でお馴染みの高知県赤岡の絵金蔵が知られていますが、一度実物を観てみたいものです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


猛暑の中で…

2018/07/26 20:46
北極圏でも33℃を越えたこの異常な暑さはいつまで続くのだろう? 地球は今後プチ氷河期に突入すると言っている科学者がいらっしゃるが、とてもそんなふうには思えない。異常気象、地球温暖化は益々加速してゆくのだろう。真夏の平均気温が40℃になる日も、それほど遠くはないかも知れないなあ〜。今年は台風も多そうですし、みなさんくれぐれもお気をつけ下さい。

7月も後半に入り、ふとスケジュールを確認したところ、この先3日連続で出かける予定が二回もあります。う〜ん、さすがにこの暑さの中3日連続は…。まあ、自衛策を採るしかありませんね。傲慢不遜に聞こえるかも知れませんが、私がいてもいなくても構わないようなイベントとか、興味深いと思えない講演会(対話や質疑応答がなく、ただ一方的に講師やパネラーのお話を聴くだけのもの)ないしは懇親会等々は失礼させてもらおうかと思っています。すみません。

そう言えばジネンカフェ本の第三話目、ふたつの出会いの物語でもあります。16年前にまちの縁側を設立されたご夫婦の出会いと、そのまちの縁側として設えた建物との出会い。9割方書けました。あともう一息。それにしても16年前と言いますと、うちの法人が設立されたのと同じ頃ですね。その当時からまちの縁側として活動されているわけで、本当に頭が下がります。本来なら三月末に完成していなければいけなかったのですが、この上半期はいろいろなことが起きすぎてなかなか筆が進まなかったのです。でも、最初につけたタイトルよりも、書いているうちに浮かんで来たタイトルの方がおふたりの立ち振る舞いに似合っているような感じがして「羅針盤のひと」と変更したところ、スムーズに筆が進んでくれるようになりました。今週末には脱稿出来るでしょう。予定ではあと三話(3名分)の物語を書こうと思っています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


活動は面白くしなければ!

2018/07/15 14:07
夏の日射しはそれだけで体力を消耗させます。13日、14日と名古屋でした。

13日は夕方にユースクエアで昨年度も関わってもらった名城大学二年生の西山和寛くんと、その兄貴分の白川陽一さんとの打ちあわせでした。昨年関わって自分にとって貴重な経験にもなったし、自分の足りない部分や課題を見つけられたのでとても勉強になったと西山くん。いやあ、こちらも若い人たちがドンドン関わってくれた方が未来志向になれるから大歓迎! 今年も大野さんといい、西山くんといい、西山くんの兄貴分のしらさん、一宮のIくん、愛知学院のM先生、くれよんさん…と、チームジネンカフェは健在です! 健在どころか、もっと面白いことになりそう〜。ワクワク、ドキドキ。西山くんは9月のゲストとしてもお話をしてくれることになり、そちらのうちあわせもしてきました。いやあ、下半期のラインナップは、まちづくり人が多くて面白い活動をされている方ばかりときています。楽しみ、楽しみ…。

14日は午後から当法人の総会でした。当法人の今後の活動方針等につきましては、新代表の決意表明が当法人のサイトに掲載しておりますので、そちらをご覧いただければと思っております。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


まちづくり人はおもろい

2018/06/26 22:37
それにしてもまちづくりに関わっている人って芸達者と言いましょうか、好奇心旺盛な人たちとでも言いましょうか。誠にあやしい人たちが多いですね。昨夜は理事会でした。延藤代表が風のように去りゆきて二度目の理事会。でも、やることは変わりません。私は一応事務局スタッフも兼ねているのですが、仕事の分担が増えてしまいました。まあ、それは特に大変な仕事でもないのでよいのですが…。議事が終わったところで、理事仲間のひとりがCDを配り始めました。なんと自主制作をした音楽CDで、6曲の自作曲が収録されています。音楽をやっているのは知ってはいたけれど、ここまで本格的に力を入れているとは…。まちの縁側ソングも入っています。Amazonでも注文出来るとか。理事会や総会などでいつもお世話になっているまちの縁側GOGO!の永井さんは、『ほのぼのコンサート』という音楽の集いを長らく続けて来られ、先日最終回を行ったそうですし、他にもGoogle+にご自分のギター演奏をUPされている仲間や、バレエのことを話し出したら止まらなくなる人や、竹細工をしたり、一宮のノコギリ屋根工場の跡地を使う事務局をしていたり、本業以外にも半端ない趣味を持ち、躍動している人たちです。ホンマにおもろい人たちですよ〜。
画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


麻里カフェで打ちあわせ

2018/06/21 21:41
今週の火曜日は、丸々一日名古屋でした。午前中はくれよんさんでジネンカフェミーティング。主に今年度の拡大版の概要について話しあいました。今年度の拡大版のテーマは「誰もが心安らかに暮らしてゆけるコミュニティの在り方・育み方〜セーフティーネットとしての「まちの縁側」の可能性〜」と題して、2月24日(日)の午後、黒川の名古屋市総合社会福祉会館(北区役所が入っている建物)の7階大会議室において行います。ゲストは…まだ秘密です。でも、このテーマから何となく察しがつくのではないでしょうか? 恒例のワールドカフェも行いますよ。お楽しみに〜。

夜は金山の麻里カフェに、11月のゲスト・冨田正美さんと打ちあわせをしてきました。冨田さんとはもう少し早い時期にお目にかかろうと思っていたのですが、大人の事情もあって昨日になったわけです。話をしていてその人脈の広さや考え方の自由さに驚き、〈この方、本当に公務員なのだろうか?〉と思うぐらい。しかも共通の知りあいもかなりいらして…。世間って本当に広いようで狭いですね。

しかもしかも、麻里カフェが入っているビルの名前に見覚えがあるなと思っていたら、以前風穴一座を立ち上げた時の友人のひとりが勤めていた会社が入っていたビルでした。麻里カフェはその1階にあるのですが、明日なるにある本屋さんが経営されていて、ブックカフェのように本も展示されていたり、チケットセンターなどもあって、いろいろな人たちが頻繁に出入りしているようです。そのような場にしたいとの志をお持ちのオーナーのかたぎりさんともお話しましたが、この方も面白い方でした。バリアフリーではないけれど、ビルの入り口ににすりつけをおけば、自動ドアなので気軽に利用出来るようになるのにな…と思いました。
画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


面接は苦手だあ〜

2018/06/13 19:42
どうも面接って苦手です。いや、人前で話すことや、見知らぬ先生方と話すことには慣れているのであがってはいなかったのですが、飛んで来る質問に対して、思っていることの6割程度しか答えられませんでした。まあ、でも、伝えたいことは伝えられたと思いますので、あとは結果を待つだけです。

面接が終わって、早速お仕事で黒川へ。先日提出した書類の中にNPO法人の事務局が入っているビルの名前が間違っているのに気づき、それを訂正しに行ったわけです。やっちまった二連発。

ランチは栄に出て、天丼。ダイエットしなければいけないと言っているのに! やってまった三連発! これ以上名古屋にいると何をやらかすかわからないので、今日はおとなしく帰りました!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


初めての体験〜他人の呼称は難しい

2018/06/01 22:48
複雑な気分でした。午前中、背中に出来た湿疹の診察に市立病院に行って来ました。自宅から電動車いすでトコトコと元の自宅があった市役所方面に向かっていたら、半田運河に架かった源平橋を渡ったところで、南知多の野間から出てきたという、私の母よりちょっと若いぐらいのおばあさんに声を掛けられました。そのおばあさん、野間から半田市役所に何かの手続きに出て来たらしく、私が市役所の先の市立病院に行くと知ると、一緒に行ってほしいと頼まれました。断る理由もないので「ええ、構いませんよ」と応え、私の車いすに掴まりながら坂道を下って行きました。話し好きらしくいろいろと話をしながら市役所前まで一緒に歩きましたが、その間私は「お父さん」と呼ばれていました。まあ、私の実年齢的に言えば「お父さん」と呼ばれてもおかしくはないのでしょうが、これまで「お兄さん」とか「お兄ちゃん」と呼ばれたことはあっても、「お父さん」と呼ばれるのは初めての体験だったのです。年相応に見られて嬉しいような、実際は「お父さん」ではないので戸惑いがあったり…。他人の呼称って難しいですねえ〜。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


5月は今日で終わり

2018/05/31 09:03
雨の日はやはり単独のチェアウォーカーにとって難儀なものです。私は左手で操作レバーを動かして、右手で傘を差せるのでまだ自由が利く方ですが…。でも、出かけなければならない時には出かけるのです。

昨日は午前中、今年度の拡大版の会場を押さえに名古屋市社協さんに行って来ました。第一候補日は既に借りられていたので、第二候補日を押さえました。ヤレヤレ。

ランチは久しぶりに『豚神』の塩ラーメン。午後からはミッツさんで新代表理事と密会(笑)。

5月は今日で終わり。6月もジネンカフェVOL.124、ミーティング、面接、打ちあわせ、理事会、総会…と、名古屋に出てゆく機会が多くなりそうです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


こねっこカフェ

2018/05/26 09:20
何年間越しのラブコールは実るかな? 昨日は八事の【こねっこカフェ】にランチを食べに行って来ました。いや、単にランチを食べに行ったわけではなく、12月のジネンカフェのゲスト・(株)対話計画の三田祐子さんとの打ちあわせを兼ねていたのです。【こねっこカフェ】は発達障害の方たちがスタッフとして働くカフェ&ギャラリーで、福祉制度的には就労支援B型の施設です。以前から気になっていたのですが、なにぶん御器所から向こうはあまり用事がないもので、訪れる機会を逸しておりました。しかし、これもまた二年ほど前からラブコールを送ってきた三田さんがようやくゲストスピーカーとしてお話して下さることになり、三田さんも【こねっこカフェ】に関心をお持ちだったので、それではそこで打ち合わせをしましょうということになったのです。就労支援B型の施設とは言っても、【こねっこカフェ】には実に様々なお客さんがランチを楽しまれていて、活気にあふれていました。人気の秘密は、日替わりランチの「スパイシーえびレモンカレー」を食べて納得しました。三田さんの知りあいだという、【こねっこカフェ】を応援されている学習塾の塾長さんからもお話を伺い、こういうコミュニティビタミン的な応援団がいらっしゃるからカフェも人気が出て、繁盛するのだろうなと感心して帰って来ました。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


延藤安弘先生を偲ぶ会

2018/05/13 19:46
いやあ、昨日は改めて延藤先生の凄さを感じた一日でした。偲ぶ会に全国から参集して下さった方々が500人越え。私も幾人かのひとから声をかけられましたが、お二方だけどうしても思い出せない方がいらっしゃいました。チェアウォーカーとその介助者の方。記憶力に自信があった私は少々ショックでした。

しかし、その方達と話していて、私の記憶に残っていない筈だわと気づきました。どうもその方達は「ゴジカラ村プロジェクト」に関わっていらした方々らしく、そのプロジェクトには私は関わっていなかったことから考えると、私とは直接面識があるわけではなく、延藤先生の幻燈会で私を見たのでしょう。

お久しぶりの方々ともお目にかかることが出来ましたし、先生が紡いで下さった縁に感謝する一日ともなりました。あちらこちらで笑顔の花が咲くよい偲ぶ会でしたね。

二次会では私調子に乗って、コロナビールを4本開けてしまいました。でも、何故か昨夜は酔いませんでした。











記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


肉づくしのGW

2018/05/05 21:51
今年のGWは肉づいていました。今日は尾張一宮の杜の宮市だったので、午前中に顔だけ覗かせて、午後から名古屋でフラフラしていました。年々人出が増えている感じの杜の宮市ですが、今年も更にパワーアップしていましたね。初期の頃に風穴一座として、そしてジネンカフェから派生したコミックバンド(?)・宇宙病院として参加させていただいたお祭りですが、この盛り上がりは凄まじいの一言に尽きます。会場で知りあいにバッタリ会ったり、クラフト作品店を覗いたり…。午後からは名駅でフラフラしていたら、兄からの電話。今日の夕食は甥家族や姪家族と焼肉を食べに行くから早く帰って来いと。内心、また肉かよ〜と思いながらも帰路を急ぐ。電動車いすでは行けなくもないけれど時間がかかるので、家からは手動を車に積んでいざ焼肉店へ。しか〜し、その焼肉店、バリアフリーではないんだなあ。玄関アプローチに一段。そして店内に三段ほどの階段が。まあ、そこは兄や甥や姪のお婿さんに車いすごと持ち上げてもらう。焼肉は美味しかったですよ〜。でも、肉の食べ過ぎですね。明日から通常運転に戻りま〜す。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


テラッセ納屋橋

2018/05/03 19:50
作文か煮詰まっているので、気分を変えようと長者町へ。ミッツさんで開催されている、お家・そら・みどり・むしさん&UF O部のスカ一ト展へ。カラフルでポップなデザインのスカ一トが並んでいました。
画像

でも、男性の私は日常的にこのようにスカ一トをジロジロ眺める習慣がなく、なんだか背徳的な感じさえしてきたので、コ一ヒ一をそそくさと飲んで、一路納屋橋へ。行きに見かけた新しい施設か気になっていたのです。いつ、こんなものができたのか定かではありませんが、テラッセ納屋橋という商業施設。
画像

中には飲食店やスーパーが入っていました。ちょうどお昼時だったので、ランチをここで食べることにしました。豚一のトンテキ定食!
画像

このボリュームで1000円以下というお値段は嬉しい。トイレもエレベーターもあります。多目的トイレは広く、便器やオストメイト、ベビーホルダー、折りたたみベッド、手洗いなどが程よく配置されていました。写真が撮れればよかったのですが、トイレの順番を待っている人がいたので。エレベーターのボタンも大きかったです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


自然体で凄いご夫婦

2018/04/14 08:43
ただいまジネンカフェ本の第三話目、あるご夫婦の物語を書いています。実際のご夫妻とは面識があるのですが、おふたりとも照れ屋なのでまともに取材に応じて貰えず、ノラリクラリと焦点を誤魔化してくれます。このままではおざなりの物語しか書けないのでどうしょうと思って旦那さんの方が書いているお仕事用のブログを読んだところ、そこに何とヒントが…。一気に物語の方向性が定まりました。同時に〈なるほど、そうだったのか…〉と、私が抱いていた疑問が氷解しました。おふたりがどうして結婚されたのか? 失礼ながら私には疑問だったのです。おふたりに取材した時には旦那さんの方は「一緒にいると楽だったから」奥さんの方も「面白かったから」としか話してくれませんでしたが、その言葉の奥にあるものが見えてきたのです。それと共におふたりをリスペクトする気持ちが更に深まって来ました。おふたりともにいつもは軽口を叩いて いますが、本当に自然体で凄いご夫婦です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ひとまち活動報告会

2018/04/08 11:24
昨日は「人にやさしい街づくり連続講座」で活動報告をしてきました。今年の受講生の提案レポート発表会を兼ねていて、11名中10番目の報告プレゼンということでみなさんのレポートを聴きながら、「これは、ちょっと浮いてしまうかなあ〜?」と懸念しておりました。発表自体は恙なく済ませたのですが、反応は…いまいちよく解りませんでした。まあ、まちづくりの活動レポートなのに、「自分らしく生きる」とか「ジネンカフェとは、出会い系プロジェクトである」「それまで福祉とも、障がい者とも縁のなかった人たちが、否応もなく障がい者に出会ってしまう」「ヒト・モノ・コトが出会い、つながる場である」「いろいろな背景を持った人たちや、年代の異なる人たちと対話が出来る場である」「新しい自分に出会える場である」と言っても、ピンと来なかった人もいたでしょうね。でも、これは予想していたことなので、〈ああ、やはりね〉という感じでした。まあ、最後のまとめの「ひ・と・ま・ち」は何となく受けていたようですから、それよしとしましょう。講座修了後、ネットワーク東海さんの方たちや活動レポートを発表された方たちの有志で、焼き肉を食べに行きました。これは美味しかった
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トンボ帰り

2018/03/23 20:04
今日は訳あって朝早く名古屋に出て、お昼近くに地元へとトンボ帰り。頸椎保護のため首に巻いているカラーがボロボロになってきたので、先日リハセンへ診察に行った時に新しく作ってもらう手続きを取り、それが今日出来て来たのです。一時期、主治医の先生から手術をした方がいいと言われていましたが、痛くも痺れもないのにリスクもある手術をする気になれず、のらりくらりと敵の攻撃を交わしていましたら、根負けしたのか、いまでは主治医も何も言わなくなりました。あきらめてくれたのでしょうか? でも、以前友人も書いていましたが、知多半島に脳性麻痺外来がある病院が見当たらないし、通院するにしても交通費はかかるけれど、名古屋に出た方が遥かに交通の便がよいというのも皮肉なものですね。地元のまちづくりについては私見を持っていますけれど、あくまでも私見なので胸の内に留めておきましょう。そのうちに爆発するかも知れませんが…。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


延藤安弘先生を偲ぶ会

2018/03/21 20:28
今日はそぼ降る雨の中、夜の理事会のために午後から名古屋へ。ついでにビックカメラで兄から頼まれていたウィルスソフトを購入し、時間的に余裕があったのでくれよんさんに24年度の名古屋都市センターの助成金をいただいて作成したジネンカフェのリーフレットを取りに行って来ました。まあ、要するにそれはついでのついでで雨宿りに行ったわけですね。くれよんさんのようなまちの縁側の存在って貴重で、助かっています。夜の理事会は東区のまちの縁側GOGO!で。代表理事でもあった延藤先生を偲ぶ会の詳細が明らかになり、新代表も満場一致で決定しました。落ち着くところに落ち着いたかなという感じ。まだ登記前なので公開は出来ませんが、そのうちに新代表から今後の活動方針などが示されると思います。私も理事のひとりとして、微力ながら新代表をサポートしてゆく所存なので、引き続きよろしくお願いします。
取りあえずは延藤安弘先生を偲ぶ会は
    日時:5月12日(土)13:00〜17:00
    会場:名古屋銀行協会会館
        http://www.nagoya-ba.or.jp/access/
    内容:13:00〜14:00  献花
       14:00〜15:00  式典
       15:00〜17:00  交流会
※献花料として3,000円をお収め下さい。
※人数を把握したいため、お申し込みをお願いします。
※法人の会員の皆様にはご案内が届きますので、いま
 しばらくお待ち下さい。
※エレベーターもあります。多目的トイレは…? 今度個人的に下見に行って来ます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あいちアールブリュット優秀作品特別展

2018/03/11 20:10
先日、矢場町の市民活動推進センターへチラシを届けに行き、ついでに芸文センターで開催されている〈あいちアールブリュット優秀作品特別展〉を観に行ってきました。今回は優秀作品特別展と銘打っているだけあって、興味深い作品が多くてついつい見入ってしまいました。
画像


画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


柳屋さん、何とかしてよ

2018/02/23 19:34
こんな重〜い容器に入った化粧品、はじめて見ました。実は私、高校生の時以来、髪に手を加えたことはありませんでした。思春期真っ盛りの頃は毎朝ヘアトニックやリキッドをつけたりしたものですが、それも高校を卒業すると共に卒業してしまいました。以後、化粧品は外出時に夏場は制汗剤、冬場はコロンを体に振りかける程度で、髪の毛に関しては入浴時にシャンプーをするぐらいでした。ところが新しい家に越してから密閉率が高く家の中が乾燥しているせいか冬場にフケが目立つようになり、頭皮の痒みも出るようになりました。はじめのうちは市販されている男性用のシャンプーで髪を洗っていたのですが、フケも痒みも止まりません。刺激が強いのかと思い、母や義姉が使っている女性用のシャンプーを使ってみましたが、変わりません。その他いろいろと試してみましたが、やはり変わりません。ネットで調べたらとうやら薬用シャンプーというものが存在するらしいと分かり、ライオンの薬用シャンプーと、頭皮を乾燥から守るコンディショナーと、柳屋の薬用トニックをAmazonで購入し、先日届いたのですが、この薬用トニックの容器が磁器で、よく市販されているヘアトニックの重さと手に持った時の重量感が全く違っていて、手を滑らせて落としたら割れてしまうのではないかと心配になるほど。なんでもこの容器でないと薬用成分が抜け出してしまうらしい。それでも価格は普通のヘアトニックと変わらないお値段なのです。薬用シャンプーとコンディショナーとあわせて使いはじめて二週間経ちましたが、フケも出なくなり、痒みも治まりました。私の頭皮にあっていたのでしょうね。しかし、このヘアトニックの重さ、なんとかしてほしいなあ〜。
画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新聞に載るも…。

2018/02/20 14:36
私の自宅では中日新聞を取っています。でも〈知多・西尾張版〉なので〈名古屋版〉に載る情報は、確認出来ないのですよね。友人が送ってくれました。記事を書いてくれて文句をいうつもりはありませんが、主催者のところ「まちの縁側育くみ隊」の「く」が抜けています。まあ、誰もが誤字だと思うようですし、漢字変換をして出て来るのは「育み」ですし、私も書類を作成する時わざわざ「く」をつけなければいけないのは面倒だったりしますが、この法人名には先日亡くなられたうちの法人の代表、延藤安弘先生なりの拘りがあるのです。出てしまったものは仕方がありませんが、記事として載せる前に確認させてほしかったなあ〜。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


拡大版終了

2018/02/20 14:32
終わりました。今年度の拡大版。イベント目白押しの日曜日、一般の方々には馴染みの薄いと思われている福祉教育がテーマ。確かに参加人数はいままでで一番最低な数字でしたが、数字では表すことが出来ないゲストさん・スタッフ・参加者さん三位一体の熱い想いが会場を満たしておりました。ゲスト三名のお話の流れが今回も見事に決まり、ゲストさんのトークからワールドカフェへの流れが絶妙だったとお褒めの言葉を頂きました。今回特に目立ったのは若者の躍動です。愛知学院大学Mゼミの学生さんや、白川さんと共にワールドカフェの進行をしてくれたMJ大の西山くん。それと忘れてはならない総合司会の大野さん。若者が活躍する現場は活気づきます。拡大版といえばワールドカフェがあたりまえになっていますが、今回の参加者さん、この形式ははじめてだった人も多く、いろいろな人たちと話せたのが楽しかったらしく、福祉系ではこういう機会がないので、これからも継続して欲しいという声も…。嬉しいですね。そして、そして、なんと今日の拡大版、中日新聞の取材を受けました。早ければ明日、遅くても近日中に中日新聞に記事が掲載されるそうです。おそらく「名古屋版」でしょうが…。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

大久保康雄〜風の記憶/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる